連載第9回:口コミで広がりを見せる「黄色いシャフト」

「黄色いシャフト」は ”セミオーダー”で調整

「飛距離が20ヤード伸びた」「スライスが出なくなった」そんな声が全国各地から聞こえてくるようになった。ゴルフパートナーで販売する「黄色いシャフト(E.I.Fシャフト)」の販売が順調に伸びている。

 「黄色いシャフト」は、通常のリシャフトとは異なる注文の受け方をしている。通常はゴルファーがゴルフ工房にクラブを持ち込み、その工房でリシャフト作業を行うことが一般的だ。即日作業をしてくれる場合もあれば、3日~1週間程度クラブを預かるという場合もある。

しかしゴルフパートナーはクラブの売り買いがメインなので、全店に工房が設置されているわけではない。 まずお店にクラブを持ってきてもらうことは同様だが、ここで申込用紙にご記入いただく。年齢やヘッドスピード、現在の飛距離、飛距離重視なのか方向性重視なのか等、細かい情報があることで、より満足いただけるセッティングが可能になる。

そしてクラブは「黄色いシャフト」専用の組立工場へ送られ、お客様情報とヘッドの重量などの特性を加味して、開発者の櫻木氏がスペックを決定する。スペックが一度で決まらないことも珍しくなく、時には櫻木氏からお客様へ直接連絡がいくこともある。こうしてスペックが決定してクラブが組み立てられ、ゴルフパートナーの店舗へ完成品が送られる。

そんな工程を踏んでいるため、クラブを預けてから受け取るまでに2週間程度の時間がかかってしまう。しかしここまで手間をかけているからこそ、ゴルファーに満足してもらえるクラブが完成するのだ。

増え続ける「黄色いシャフト」の発注店舗

上記のような事情もあり、全店に「黄色いシャフト」の試打クラブが置いてあるわけではなく、シャフトの在庫を持っている店舗もない。はじめは数店舗の練習場店から受付を開始し、試打会を通して徐々に取扱店を増やしてきた。そういう経緯なので、「黄色いシャフト」の注文というのは一部の店舗に集中していた。

 ところがここ最近になって、今まで一度も注文のなかった店舗から、はじめて「黄色いシャフト」の注文が来るケースが増えている。はじめての店舗に聞いてみると、そのほとんどがお客様の方から「黄色いシャフト」に挿し替えてほしいと持ち込まれるケースなのだ。

「黄色いシャフト」は基本的に広告宣伝をしていないので、ゴルフパートナーのスタッフが勧めなければ知る由もないはずだ。それがお客様の方から言ってくるということは、知り合いのゴルファーからの口コミで勧められたとしか考えられない。こうして全国的な広がりを見せているわけだが、口コミには必ずキーとなる人物がいる。

九州で見つけた「黄色いシャフト」の伝道師

9月25日に福岡県のマキトゴルフガーデンで、「黄色いシャフト」の試打会が開催された。9時から12時までの短い時間ではあったが、打席には次々とこのシャフトに興味を引かれたゴルファーが訪れた。

その中の一人が筑後市の牛島さん。彼は根っからのゴルフ好きで、ヘッドスピードも45m/sを超えるハードヒッターだ。使用するドライバーもツアーステージX-DRIVE 709Limitedとプロ好みなクラブだ。

以前の飛距離は260ヤードほどだったが、この「黄色いシャフト」を使うようになってから280ヤード以上飛ぶようになった。ゴルフパートナー筑後店で櫻木氏が試打会に訪れることを聞きつけ、この日を待ち望んでいたそうだ。櫻木氏の話を一言一句聞き漏らすまいと、真剣な眼差しで聞き入っていた。

牛島さんはただの「黄色いシャフト」愛用者ではない。元々飛ばし屋だった牛島さんがさらに飛距離アップしたというのは、ゴルフ仲間が黙っているはずがない。飛距離アップに貢献した「黄色いシャフト」に皆の注目が集まった。借りて打ってみたいと思うのはゴルファーの性質であろうが、ツアーステージX-DRIVE 709Limitedはある程度ヘッドスピードのあるゴルファーをターゲットにしたクラブだ。ところが「黄色いシャフト」を挿すと、ヘッドスピード40m/sのゴルファーにも簡単に打ててしまう。驚いたゴルフ仲間が次々と「黄色いシャフト」にリシャフトしていったのだ。

牛島さんが中心となり筑後市では「黄色いシャフト」ブームが巻き起こったが、こうしたことが今全国各地で勃発しているのである。あなたの周りにもすでに「黄色いシャフト」の虜になったゴルファーがいるのではないだろうか。

【企画・制作・編集】ゴルフパートナー 商品企画部 ネクスジェン開発チーム


開発者:櫻木 博公(さくらぎ ひろたか)

1944年生まれ。20年以上前からゴルフクラブの輸入、販売に携わる。その後、クラブデザイナーの竹林隆光氏との出会いをきっかけに革新的なクラブを開発。現在は、ゴルフパートナーの顧問として「ネクスジェン」のクラブ開発を行っている。