ロフトを立てずに1番手違う飛びを実現。

軟鉄本体のフェースには高強度素材<SAE8655>を三段偏肉構造で使用。
打点部分の肉厚は2.7㎜に設定し心地よい打感と打音をキープ。
最薄部は1.8㎜とすることで反発性能を高め、ロフトを立てることなく1番手違う飛びを実現している。
ポケットキャビティ構造で、ミスヒットに対する許容性も高め、安定した“飛び”と“方向性”が得られる。

3段偏肉のフェース

3段偏肉のフェース

フェース素材にはバネ鋼の
SAE8655を採用

図のように3段に偏肉させ下部は2.7㎜と厚く、トップブレード側は1.8㎜とSAEでは世界最薄。

フェース溶接のアイアンにある打感や打音の悪さをなくすため下部は厚みを取りトップブレードに向かって薄く偏肉させヘッドスピードの速いプロゴルファーの打ったボールがフェースに乗る感覚を得ることが出来る。
また飛ばすためにフェース上部の薄さは1.5㎜という薄さから耐久テストを逆算して行い1.8㎜という他社でも成し得ない薄さでの製品化を実現した。

ロフトを立てずに飛ばす!!

飛ぶといわれるアイアンはたくさんあるが番手ずらしで飛ばすではなく、
マッスルバックと同じロフトで1番手飛ばす

NEXGEN FOREGD シリーズ ロフト

NEXGEN FOREGD シリーズ ロフト

#7以降のロフトが立つのはMRの方が重心が深いためロフトが寝ると高く上がり飛ばないためLONG IRONとSHORT IRONの調和を取る。

シャフト

日本シャフト NS PRO REGIO IRON FOR NEXGEN typeS6/7

日本シャフト NS PRO REGIO IRON FOR NEXGEN typeS6/7

MT・MGにラインナップしているS9と同じくMODUS120の剛性を再現。#5~7は65g、#8~Pは70gとフローさせ#5~Pまでを同じ感覚で振れるように開発。
一般的なカーボンシャフトのデメリットはショート番手が軽く硬いため。一般的には番手間で5〜6cpmある硬さの差だがREGIOは2〜3cpmとスチールとは違うカーボン専用の番手別硬さにしている。

日本シャフト NS PRO MODUS3 105 S

日本シャフト NS PRO MODUS3 105 S

球を抑えたいゴルファー向けのシャフト。DGの軽量版のイメージ。軽量だが実は数値以上にハード。
MR-FORGEDは全番手のシャフトの番手をずらし、しなりを感じられる用に組立。
シャフトの特性を理解しクラブスペックを作っている。

スペック

スペック

※スペック表の数値は設計値です。実測値が設計値と若干異なる場合がありますのでご了承ください。

価格

NEXGEN MR-FORGED IRON
ヘッド + N.S.PRO MODUS3 TOUR105 (6本セット):96,000円+税
ヘッド + N.S.PRO Regio IRON for NEXGEN TYPE6/7(6本セット):111,400円+税

開発者

チーフプロダクトデザイナー 宮城 裕治(みやぎ やすはる)

1962年、東京・江戸川区生まれ。(有)クールデザイン代表。 これまで数多くのヒット商品を生み出してきた日本を代表するクラブデザイナー。 >もっと詳しく