Concept

フレックスの概念をなくせば
スイングの制限もなくなり、
これまで以上の飛距離を引き出せる。

NEXGEN7にはフレックスの概念が存在しない。なぜフレックスの概念がないのか、それは実際に打つことで答えがわかるだろう。シャフトにフレックスの概念が存在することで生じていた弊害を全て取り除くことで、クラブがゴルファーひとりひとりのスイングにシンクロし、ポテンシャルを引き出し、飛距離にさらなる可能性をもたらすことを目指したクラブ──  それが、NEXGEN7。

フレックスを無くしシャフトの概念を覆したE.I.Fシャフトがさらに進化

Accord Shaft

ゴルファー自身のスイングテンポにシャフトが対応することで、ヘッドスピード30m/s台から50m/s台の幅広いゴルファーをカバーすることを可能に。

Wavy Accent

NEXGEN6のE.I.Fシャフトの問題点を洗い出し、パワーアップし振りやすさを向上させるため、シャフト中間部に特殊剛性エリアを設けることで、滑らかさと同時に生まれる独特の粘りとパワーにより飛距離と方向性が安定する。

Cerezo Arbol Technology

ゴルファー自身の最適なスイングテンポをE.I.Fシャフトが引き出すことで、ヘッドスピードが加速する。

進化を遂げたE.I.Fシャフトの性能を最大限に生かし“あなたの飛距離を変える”ベストなヘッド

つかまりやすさ、振りやすさが前作より向上

ドライバーからアイアンまで全機種・全番手の重心角をフロー設計することでつかまりやすさ、振りやすさの向上。

重心角 NEXGEN7 NEXGEN6
ドライバー10.5° 30.8° 24.5°
フェアウェイウッド W3 27.5° 22.9°
アイアン #5 18.1° 16.1°
やさしく叩けるカップフェース構造(ドライバー)

カップフェース構造にすることでスイートエリアが広がり、球持ちをよくする効果により方向性が安定する。
またフェース裏のトゥ上側とヒール下側の肉厚を薄肉化することでミスヒットに対してもボール初速を落とさず強い弾道を実現した。

ヘッド重量の軽量化に成功

ヘッド重量2g軽量化することで、進化したE.I.Fシャフトの先端剛性の設計変更と改善を生かすスイングウエイトを実現。ヘッドの重心角改善の効果をより大きくしヘッドの走り・球掴み・操作性向上を実現した。

NEXGEN7のトップへ

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド
  • ユーティリティ
NEXGEN7シリーズ アイアン・レディース今夏発売予定

Special

最速インプレッション

小林一人さん

最速インプレッション

野村タケオさん

最速インプレッション

関浩太郎プロ

最速インプレッション

今野一哉プロ

Test Hitting

進化を遂げたE.I.Fシャフトを体感せよ

全国各地でNEXGEN7の試打会を実施。ぜひこの機会に飛びの真価を体感ください。

試打・イベント情報はこちら

Lineup

NEXGEN7
ラインアップ

DRIVERドライバー

詳しく見る

FAIRWAYWOODフェアウェイウッド

詳しく見る

UTILITYユーティリティ

詳しく見る

NEXGEN7シリーズ
  • IRON
  • LADIES

今夏発売予定